サラリーマンの妻が個人事業主になったら、扶養から外されちゃう?

計算機

知らないと何だか怖い、税金の話。

アフィリエイトで収入を得たいけれど、夫の扶養から外されちゃったらどうしよう・・・。

あまり稼げていない時は、「そんなこと関係ない~」と思ってしまって深く考えることもない税金のハナシですが、少し収益が上がってくると心配になってきてしまいます。

  • 年間どのくらい収入があったら、扶養に入れなくなってしまうんだろう?
  • 扶養に入れなかったらどのくらい家計が変わってしまうんだろう?
  • 知らずに規定を破ってしまい、後から支払わなければならなくなったらどうしよう。。

・・・なんて考えると、夜も眠れなくなっちゃいます(><)

稼ぎが上がっている方は、そろそろ真剣に考えてみた方がいいかもしれません。

↓↓↓ポチッと応援クリックしていただけると感激ですヽ(^o^)丿

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  

計算機

108万円の壁と、38万円の壁

サラリーマンの妻のパート勤めは、まず103万円の壁

サラリーマンの奥さんで、パート勤めなんかを考えたことがあれば、「103万円の壁」とか「130万円の壁」なんてことばを聞いたことがあると思います。

私自身は、私が高校生の頃から母親がパート勤めを始めたのですが、「扶養の範囲を超えないように、職場が調整してくれる」とかいう話をしていたので、なんとなーく知っていた感じです。

うちは父がサラリーマンだったので、母は103万円の壁でした。

(※住民税の方を考えると「100万円の壁」というのもあり、約100万円の給与所得があると住民税を払うことになります。ここでは深くは書きません。)



旦那さんが会社員や公務員などの勤め人の場合、税金の計算や支払いなどは職場の方で手続きしてくれるので、関心を持たなければ知る機会もほとんどないのではないでしょうか。

所得税とは、稼いだ総額(収入)から必要なお金(社会保険料など)が引かれて残った金額(所得)に、決められた税率をかけて算出されます。

所得税額=(収入-給与所得控除-所得控除)×税率-税額控除

「収入」とは、年収のことを指します。「給与所得控除」とは、会社員の必要経費のようなものです。また「所得控除」とは、生命保険料控除や配偶者控除などのような、納税者の事情を考慮して税の負担が軽減されるものです。 ~All Aboutより引用~



奥さんに収入がない場合や、パートなどで給与所得だけを得る場合は、「配偶者控除」として38万円の控除が受けられます。

「給与所得のみの収入」の場合は65万円の給与所得控除があるので、配偶者控除と合わせると38万円+65万円=103万円ですね。

パートでの給与所得が103万円を超えると配偶者控除は受けられなくなり、代わりに配偶者特別控除という段階的な金額の控除となります(給与所得が141万円までは受けられます)。

また、会社の配偶者手当は103万円を基準にしているところも多く、これがもらえなくなったりします。配慮してもらっていた部分がなくなってしまうことで、損した気分になってしまいますね。。

というわけで、年間103万円までの給与所得になるよう、調節しながらパート勤めるする人が多くなるのです。

月々にすると、だいたい8.5万円くらいですね。会社によっては、年末調整の頃に働き控えをして対応するケースもあるようですよ。

サラリーマンの妻の個人事業は、38万円の壁

さて、旦那さんがサラリーマンで、奥さんがアフィリエイトなどの収入を得た場合はどうなのでしょうか。

アフィリエイトは“給与所得”ではなくて、“事業所得”なので、パート勤めとは事情が変わってきます。

給与所得の場合は、65万円の控除があります。が、アフィリエイトではこの65万円の控除がありませんので、38万円までが控除対象となります。

ということは、380,000円÷12か月=31,666円・・・ひと月約3万円稼いでいたら、すぐに38万円の壁を越えてしまって配偶者控除が適用されなくなってしまうのです。



ところが、給与所得の時のように、65万円控除してもらう方法があります。

それは、開業届を出して個人事業主になり、青色申告承認申請書を提出することです。これによって確定申告は青色申告となり、ちょっと複雑な帳簿が必要になるのですが、それでも38万円を超えて稼ぐ予定がある場合は、申請しておいた方が絶対にいいのです^^

個人事業主になったら、扶養から抜けなくちゃならない?

さてさて、ようやく本題に入ります(笑)

アフィリエイトで収益を上げるにあたっては、開業届を出して青色申告を行った方が良いということはわかりましたね。

では、個人事業主になったら、旦那さんの扶養から抜けなくちゃならないのでしょうか?という疑問についてなのですが、

・・・・・

基本的にはNoです。個人事業主になったからとすぐに扶養から抜けることになるわけではありません。

ただ、会社によって規定が違いますので、そこは確認が必要です。

年間130万円まで大丈夫というところもあれば、ひと月でも11万円を超えたらダメというところもあるようですし、個人事業主になったらもうダメだというところもあるようです。

旦那さんの会社がどのようになっているか、ちょと面倒でも確かめておく方が、あとあと不安になりませんよ^^



ちなみに、うちの夫の職場の場合は、「個人事業主になっただけでは、扶養から抜けることにはならない。」ということでした。それを確認できたので、安心しました~☆

税金や確定申告についての情報は、本やネットでもいろいろ調べられます。

もし、詳しい人に聞いてみたい場合は、教材を購入して勉強したりフォーラムで税理士さんに質問できる『ネットビジネス税金対策ストラテジー(NTS)』というのを利用する手もありますよ^^

詳しくはこちら⇒『ネットビジネス税金対策ストラテジーのレビュー

コメントを残す

CAPTCHA