新しいノートパソコン(windows7)、使い始めの設定などを完了させました。

パソコンを箱から出したら、セットアップして動作を確かめてみなくてはなりません。もしも初期不良があった場合、早めに連絡しないと対応してもらえなくなってしまいます。

今回購入したパソコンに一緒に入っていた、いくつかの冊子やチラシの中に、「ご購入後1週間以内の不具合、不足品などのご相談はこちらにお電話ください。」というチラシがありました。

通話料・サポート料が無料の電話番号が書かれています。これが有効なうちに、確認作業をしましょう~(^▽^)/

まずは、付属品を確かめます。

  • パソコン本体と、ACアダプター&電源コード

  • ノートパソコン004


    ↓↓↓ポチッと応援クリックしていただけると感激ですヽ(^o^)丿

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  

    これはひと目で確かめられます(^^)
    冊子類ですが、

    • 安心してお使いいただくために
    • 取扱説明書
    • セットアップガイド
    • 東芝PCサポートのご案内
    • 東芝保証書
    • dynabook Satellite ○○○シリーズをお使いの方へ
    • ソフトウェアに関する注意事項
    • ダウングレードに関するご案内
    • リカバリーDVD-ROM(Windows8.1Pro)
    • 「Microsoft Office Home and Business 2013」パッケージ

    以上のものが入っていることを確認します。

    ノートパソコン003


    そして、まずは説明書を見ながら、初期設定です。「スタートアップガイド」「取扱説明書」を見てみます。

    「取扱説明書」には、パソコン各部の名称や電源の入れ方、切り方、メモリの取り付けや取り外し、バッテリーパックの交換、システム環境の変更についてなどが書かれています。



    それから、「スタートアップガイド」を見ながらセットアップの作業をしていきます。

    付属品を確認した後に行うことは、パソコン本体の裏面に書いてある「型番」と「製造番号」が、保証書に書いてあるものと同じであることを確認することです。

    もしも不備があった場合には、「東芝PCあんしんサポート」に電話しましょう。

    私のパソコンは、大丈夫でした(^^)



    次に、Windowsのセットアップを行っていきます。

    電源を入れてパソコンを起動すると、Windows7の、OSのタイプを選択する画面が出ました。32ビット版か、64ビット版か・・・。

    使い慣れたソフトを使用するのであれば、32ビット版が良いみたいですよ。

    64ビット版に対応したソフトを使用するのであれば、高いパフォーマンスで使用できる64ビット版が良いみたい。

    私は、古いソフトも使うつもりなので、32ビット版を選びました。

    その後、システムを再起動させると、Windows7が起動しました。
    ノートパソコン設定006

    「国または地域」から「日本」を選び、ユーザー名を入力し、コンピューター名やパスワード、パスワードのヒントを入力。ライセンス条項の同意をして、推奨設定を使用し、日付と時刻を入力します。

    無線LANの設定は後回しにしてスキップ。しばらくすると、デスクトップの画面が表示されました☆
    ノートパソコン設定007


    とりあえず、これでパソコンが使えるようになりました!


    ↓↓↓ポチッと応援クリックしていただけると感激ですヽ(^o^)丿

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  

    コメントを残す

    CAPTCHA